家族の必要に合わせた介護リフォーム

高齢化社会になり、自宅で介護を行っている人も少なくありません。介護施設への入所を希望していても、希望者が多くなかなか順番が回ってこないのが現実です。いずれ施設に入るとしても、それまでの間家族が安全、そして快適に過ごせるようにリフォームをすることが必要になってきます。

 

家族の必要に合わせて、どこまでリフォームをするか決定しなければなりません。大改造をしたもののすぐに入所が決まってしまえば、費用が無駄になってしまいます。

 

それで、まずは比較的費用のかからないことから始めることができるでしょう。歩行が困難ならすぐにでも手すりの設置をすると良いでしょう。廊下や階段、トイレ、お風呂にも設置できます。

 

また、車いすを利用される方なら、玄関のドアを引き戸に変更することができます。 介護のためのリフォームは、全額ではありませんが、助成金として支給されます。

 

ですから、お金のことを心配するのではなく、本人や家族の安心や安全を優先してリフォーム内容を決めるようにしましょう。