建売り住宅は値下げされることもある

建売り住宅でもすぐに買い手がつかなかったら値下げされることがあります。まあ「すぐに」とは言っても、1年近く経過した後に値下げされる傾向はありますけれど。

 

建売り住宅にしてみましたら、完成から1年経過しても売り手が見つからない物件になりますと、「長い間売れていない」という扱いになりますからね。 建売り住宅の場合ですと、たいていは見学会時点で買い手がつくことが多いですから。

 

いや、いい建売り住宅ともなりますと、抽選にもなりますし、見学会が行われたのにもかかわらず、売れ残るということはあまりないことだとは言えるかもしれませんね。

 

けれども実際に、売れ残る建売り住宅もあるのです。もしくは買い手がついていたけれど、諸事情により買い手が離れて、そして売れ残ってしまい、値引きされることもありますので。

 

売れ残る事情はさまざまで、すべてが問題ありなケースではないので、値引きされた建売り住宅も場合によっては狙い目でしょう。 たとえば、売りに出されていた建売り住宅の隣の家が燃えて、それにより買い手が離れてしまって…というケースもありますので。

 

気にしない人ならば、お得にマイホームを手に入れることができてお買い得だと言えるかもしれません。