住宅の収納で埃がかぶることを防止するために…

住宅における「扉」と言えば、部屋と部屋の出入り口につけられているものぐらいの イメージだけを持っている人もいるでしょうか。 確かに、部屋と部屋との間に扉は重要です。

 

しかし住宅においては、なにも出入り口だけに扉が必要なわけではありませんから。 住宅においては、収納部分にも扉は重要なものなのです。 なぜなら、物に埃をかぶるのを防ぐことができるからです。

 

マイホームでの生活を送るにあたって、このことはなかなか重要ですから。 いや、なにも木製の扉である必要はないのです。布製のロールブラインドでもいいのです。 ただその布が一枚あるだけでも、埃がかぶることを防ぐことができますからね。

 

むき出しの棚の収納は確かに費用を安くあげられます。 しかし余裕があるのでしたら、ここに扉ないし目隠し的な布を一枚つけるといいでしょう。 そうすることによって、ずいぶんと見た目がスッキリします。

 

そしてもちろん、埃をかぶることを防ぐことができるわけです。 ですからなにも注文住宅でないにしても、後からDIYリフォームで取り付けてもいいでしょう。

 

棚に扉ないし布の目隠しひとつあるだけで、 部屋全体がスッキリする上に埃も防止できますからね。掃除においても便利なのです。